他のメーカーから販売されているSUV車をみていくと、高級感を売りにしていくならエコ性能よりもハイブリッド車があるかどうか

これに対して、マツダのCX5やCX-8はというと
ディーゼルエンジン搭載車の方が
ガソリン車よりもグレードというか

車両価格が高くなってしまっていますので
SUVに求めるものと、イメージしだいでは苦しい販売台数の推移になっていてもおかしくないです

昨年2017年に販売された台数からみると、杞憂であって実際はそれほど苦しいものではなかったし、逆に他の競合車種よりも売れていたのではないか?という結果になっています

ハリアーだけは、別格というか
私が懸念する分がそのまま結果になったような・・・

販売戦略とか、ブランドイメージについては
メーカーに期待するしかないですし

利用者が、そこまで見守る必要性も
あまり感じません

脱線しかけてきているので話を戻しますが
CX5を買うかな?と思った時に

ガソリン車とディーゼル車、どっちがいいの?

と思ったときの参考になればと
費用面、性能面などから比較してみました

判断材料の1つとなれば幸いです

私が住んでいる地域のガソリンスタンドでは
軽油126円、レギュラー146円、ハイオク156円

CX5なら、126円か146円の燃料をどれくらい使うかってところで
お得かどうかの分岐点があります

7年、9年と乗り続けていくことで差が埋まって逆転するかどうかというレベルの差額であれば、費用に関する部分で比較しても意味があまりないとも言えます
静粛性、トルクの必要性、4WDの必要性

私の住んでいる地域なら、冬には雪が降って積もってしまう地域なので、できれば4WDを選びたいです
家族と一緒にどこかへ行くときの交通手段としては利用機会が少ないので、加速や追い越しのときにトルクが必要かと言われれば重要ではないです
購入費用として少しでも安く済ませたいところなので、25Sの4WDかXDの4WDで比較することになってきます

家族が乗っている車に、ディーゼルエンジンのデミオと軽自動車があって
どちらも4WD車なのですが・・・

軽はガソリン、デミオは軽油の違いはあっても燃費は20km/L前後のいい勝負
維持費は軽自動車に圧倒的なアドバンテージがあります

購入費用も100万近くあったかもしれません・・・

でも、静粛性のところで言えば
圧倒的に軽がうるさい

(; ・`д・´)

デミオのディーゼルは、近くに存在していると意識していなかったら気づけなかったのです
家の駐車場にバックで駐車するときの音も、ほとんど気付けないくらい

一方、軽は高回転でまわっているエンジン音であったり
マフラーからの排気音も存在感をアピールしています

比較対象がCX5ではないので、多少大げさな感じに表現してしまったかもしれませんが・・・

静粛性の面でいくと、結構ポイントになるのではないでしょうか?

アイドル時の車内で聞こえてくる音だけでなく
周囲に与えてしまう騒音、うるささを配慮したい部分

例:月1000km、年間12000kmペースで運転する場合

20S(16.0km/L)※2WD
12000/16.0=750L
750x146x1.08=118260円

25S(14.8km/L)※2WD
12000/14.8≒810.8
810.8x146x1.08≒127847

XD(19.0km/L)※2WD
12000/19.0≒631.6
631.6x126x1.08≒85948

25S(14.2km/L)※4WD
12000/14.2≒845.1
845.1x146x1.08≒133255

XD(18.0km/L)※4WD
12000/18.0≒666.7
666.7x126x1.08≒90725

ランニングコストとか、維持費とか
呼ばれ方がいろいろありますが・・・

初期費用、イニシャルコストとは
比較されがちな費用です

2WDでも、4WDでもエンジンで比較すると

1000kmペースの利用であれば
4万~5万の差なのでガソリン車が有利かもしれません

が・・・

利用年数が同じ走行ペースで続いていくのなら
3年間だけでもディーゼル車の購入費用分が・・・

相殺された上に、乗り続けて5年・7年といくとお得ですね



CX5のディーゼルは、ターボエンジン

マツダのディーゼルは、これまでのディーゼルエンジンのイメージをいい意味で裏切ってくれる性能です

エンジンの最高出力が、ガソリンエンジンよりも低回転で発揮します

これは裏を返せば、高回転まで回らないってことですが
高回転まで回さなくても出力が出せるので
ギアを下げて、うなり気味のエンジン音を聞きながら加速することもなく
高速道路の合流や追い越しがしやすいということで

静かな車に求められる性能がディーゼルにあります

信号待ち、停止からの左折/右折など

アイドル状態のエンジン音が
ディーゼルエンジンになると気になると思います

ここさえクリアできるのであれば
CX5のディーゼルエンジン車が候補になるはず

ガソリン車のエンジンに比べると、エンジン音が・・・
トルクがすごい
交差点での信号待ち、上り坂になっている場所からの発進
加速時のスムーズさは馬力よりもトルクが重要
ディーゼルだと、ガソリン車よりもトルクがあって低回転でもスムーズに加速できます
CX5の4WDで、家族を載せて...というシーンなら
より実感できると思います

CX-3やデミオに搭載されているディーゼルエンジンはターボモデルがないため、単純比較が難しいところですが
出力や出力特性、燃費の観点から見ていくと

SKYACTIV-Dの2.2エンジンは、ヤバいです

静かでパワフル



CX5のガソリンエンジンの特徴

CX5のガソリン車には、2.0と2.5の2種類のエンジンがあります

定速走行になると、4気筒のうち内側の2つだけ動かして低燃費にしている
マツダらしい独自の発想からの技術が使われています

他の車種、エクストレイルやフォレスターに搭載されているエンジンと比較すると
出力の面では あまり違いがみられない、拮抗しているイメージです

エコ性能で比較するとフォレスターが有利

2.0リッターのエンジン比較でも
エクストレイル、フォレスターに比べると 分が悪い



CX5の燃費 など

2.0リッターのガソリンエンジンは、JC08モードで16km/Lなのでフォレスターやエクストレイルと同等レベル

2.5リッターのガソリンエンジンは、フォレスターの新型が従来通りハイオク基準なら CX5の方が経済的です
レギュラーガソリンで、同等以上のカタログ性能があります

CX5に搭載されているディーゼルエンジンはマツダ車種の中でも最上級グレード
20Sか25Sで迷っている方に1.8リットルサイズのCX-3搭載エンジンがあってもよかったような気もしますが・・・

ますますCX-3つぶしに拍車がかかりそうなので採用されていないのかもしれませんね
(; ・`д・´)

個人的には、ディーゼル車 一択

車両価格が変わってくるので、予算で選択肢に入らないよ...という方がいると思いますが
ガソリン車よりもエンジン出力・燃費性能がよくて ランニングコストも軽油なので長い距離を想定される人ほど恩恵があります

さすがに、ガソリン車との車体価格差をペイできるほどの走行距離は現実的ではないかもしれません
5人乗りと1人で走るときの快適さの違いを感じにくい

何人乗っていても、重たい荷物を積んでいるかどうか関係なく
スムーズな加速を求めているなら、ディーゼル車を選びたいと私は思います

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を検討しているけど
悩みが尽きない...

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また、聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します

下取りは必ず車査定サイトを使うこと!

下取りは必ず車査定・買取の窓口を使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも多々あります

車査定・買取の窓口を使うことで
複数の業者から電話が掛かってくる事はありません。

また、買取会社を選定してくれるので
無駄な時間が省けます。

車に詳しくない女性にも人気の高いサービスです。

車の査定、後回しは損・損・損!