マツダのオフィシャルサイトから
かんたん見積もりをやってみたんですけど

メーカーオプションの組み合わせ
めちゃくちゃわかりづらい

きっと、同じように思った人が少なくないと思ったので
組み合わせと、費用をまとめてみました



そもそもメーカーオプション、何があるの?

ドライビング・ポジション・サポート・パッケージ

快適で、疲れにくい運転となると
このオプションがあった方がいいと思ってしまいます

運転席10Wayパワーシート&シートメモリー(アクティブ・ドライビング・ディスプレイ連動)

mm単位で微調整ができるシートアレンジ
メモリー機能は、家族で運転するときに重宝しそう

運転席&助手席シートヒーター

ステアリングヒーター

季節が限定されがちですが、寒い冬の運転の際に
シート、ステアリングにヒーターがあったら・・・

ひざ掛けが不要になるまで効果があるのかわかりませんが
車内の寒冷地仕様ってイメージですね

パワーリフトゲート

CX5も大きめの車に分類されるでしょうから
荷物の積み下ろしのときに

電動で開け閉めできるのは便利
予算が許すなら追加しておきたいオプションですね

電動スライドガラスサンルーフ(チルトアップ機構付)

個人的にはあまり興味がもてないオプション

天気のいい日にドライブするなら、いいかもしれませんが
雨の日どうなることやら・・・って思ってしまいます

さすがに、新車で買ってすぐ 雨漏りみたいな状況にはならないと思いますが
どれくらい年数を経過してもパーツ交換とかしなくて済むのか

360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)

死角からの危険を前もって知ることができる
マツダの安全装備の中では、使ってみたいオプションです

T字の交差点で見通しの悪い状況でも
安全確認に役立ちそうな機能です

結局、目視の確認が一番確実ですし
頼るスタイルではなく

あくまでも便利な補助機能ですね
(; ・`д・´)

CD/DVDプレイヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)

すべてのメーカーオプションに組み合わされているので選択の余地がありません
社外品をつけるとか考えている方には悩ましいオプションです

Boseサウンドシステム+10スピーカー

開発担当のお話だと、グレードごとにセットアップしているようなので
ガソリン車とディーゼル車で変わっていると思います

カーオーディオは、こだわりだすと
永遠のテーマ?ってくらいになっていくので・・・

システム構成を詰めていくほどではないけど
4スピーカーでは物足りない人向けかなと思います

225/65R17 102Hタイヤ&17x7Jインチアルミホイール(ダークシルバー塗装)

これはXDとか、20Sなどの安めのグレードに標準装備となっているタイヤ&ホイールです

19インチのタイヤ&ホイールだと、維持費きつくなるなぁって考えている人には最初からこの17インチにすることで、タイヤ交換のときに19インチのタイヤ&ホイールの対処に悩むこともなくなります
※当然ながらデザイン無視なので、19インチの純正ホイールのタイヤを装着して運転したい人には向いていません



メーカーオプションの組み合わせ

これまで紹介してきたオプションが、どのような組み合わせになっているのか
公式サイトで知ることはできますがわかりづらいです

他のメーカーのように、表になっていればよかったのに・・・

組み合わせ数が36通りもあるので
組み合わせ候補が7つ

費用ABCDEFG
367200
324000
280800
280800
237600
237600
226800
226800
216000
194400
183600
183600
172800
172800
162000
162000
151200
140400
140400
129600
129600
118800
118800
108000
97200
97200
86400
86400
75600
75600
64800
43200
32400
32400
21600
-21600

A:ドライビング・ポジション・サポート・パッケージ
B:パワーリフトゲート
C:電動スライドガラスサンルーフ
D:360°ビュー・モニター
E:CD/DVDプレイヤー
F:Boseサウンドシステム
G:19インチから17インチにする



サンルーフ、Boseが不要の場合

194400円
140400円 ※17インチのタイヤにした場合

PROACTIVグレードの場合、17インチタイヤにすることも選択肢と考えられるのであればメーカーオプションに54000円分、他のオプションにまわせます

無理に他のオプションを追加しないという判断もできるので、その場合は単純に割引もできます(表の一番下のように)

逆にBoseシステムを追加したい場合

118800円
64800円 ※17インチのタイヤにした場合

先ほどと違って、BoseサウンドシステムとCD/DVDプレイヤーの組み合わせなので追加費用としては控えめになっています

安全装置や快適装備は、PROACTIVの標準だけで十分!と考えている人にとっては、値引きや下取り額によってはメーカーオプションとして候補に入れられる範囲かもしれません

メーカーオプションのまとめ

他メーカーのSUVと比較するとエクステリアのデザインや色で魅力を感じ、CX5を検討しているかもしれませんので・・・

せっかくの19インチのタイヤ&ホイールを捨てて、他のメーカーオプションを選ぶ人は少数かもしれません
実際、ショップオプションの19インチホイールだと

ホイールだけで18万とか19万くらいかかりますし・・・
メーカーオプションの54000円で19インチが手に入ると思えば安いと感じてしまいます

グレードやオプションの組み合わせを検討しているときが一番楽しい
と思ってしまうのは私だけでしょうか?
(; ・`д・´)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を検討しているけど
悩みが尽きない...

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また、聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します

下取りは必ず車査定サイトを使うこと!

下取りは必ず車査定・買取の窓口を使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも多々あります

車査定・買取の窓口を使うことで
複数の業者から電話が掛かってくる事はありません。

また、買取会社を選定してくれるので
無駄な時間が省けます。

車に詳しくない女性にも人気の高いサービスです。

車の査定、後回しは損・損・損!